スポンサーリンク

固定電話をはずそうとしている。はずせば、おそらく月に2000円から3000円ぐらいの節約になると思う。そこで、まずNTT西日本の公式ページにアクセスする。

NTT西日本・利用休止・一時中断・解約(http://www.ntt-west.co.jp/denwa/mousikomi/stop/gaiyou.html)というページにアクセスする。そして、よく読んでみると、以下のように書いてある。

※このサイトではフレッツ光・ひかり電話の解約は受付できません。フレッツ光・ひかり電話の解約をご希望の場合は、0120-116116(受付時間:午前9時~午後5時<土曜・日曜・祝日も受付中。年末年始(12月29日~1月3日)を除く>)へお電話願います。

自分はひかり電話を利用しているので、それに該当するかとも思った。それではと、そこへ電話をする。まず、録音の音声で用件を尋ねてくる。それに応じて、該当する項目の番号を押すのである。しかし、「解約」という項目はない。仕方ないので、「引越し」に近いかと思い、その番号を押して、オペレーターにつながるのを待つ。ところがなかなか繋がらない。携帯から電話しているので、料金がもったいないのだ。10分ほど待ったが、諦めてしまった。

これが「新規申し込み」のボタンならば、すぐにつながるのだろうと思うと、相手は商売が上手だと舌打ちせざるを得ない。

なお、いろいろと調べてみると、ひかり電話を解約すると、ネットも繋がらなくなる例があるそうだ。

その場合の対処法もネットにはいろいろと示してある。検索で「フレッツ光・ひかり電話の解約」と打ち込んで調べるとかなり事例が見つかる。どうやら、新たにルーターを用意すればいいようだ。

自分の場合は、当初はNTT西日本を使っていた。するとフレッツ光。ひかり電話の営業マンが自分にコンタクトしてフレッツ光経由だと安くなるという。数年使っていた。そしたら、さらにソフトバンクの営業マンが自分の回線経由だとお得だと言ってきた。ですので、3重に加入しているのだ。しかし、自分の知識ではこのあたりの相互の関係は分からない。

何れにしても来年の春には引越しをするので、すべてを解約してゼロから契約し直すつもりだ。自分の無知につけこまれて電話会社からぼられている気がする。