スポンサーリンク

金銭的な不安で夜に目が覚めた。自分は昨年定年退職して年金生活者になった。幸いにも嘱託の仕事が見つかり年金プラス嘱託からの給料で何とか細々と暮らしている。

急には生活のレベルをダウンするわけにはいかず、貯金を切り崩しながら生活をしている。あと、貯金がどれ位持つのか。普通の人は退職金を含めて数千万の貯金があることだろうと思う。自分の場合は人には言えないくらいの恥ずかしい金額の貯金しかない。

子どもたちはまだ大学生だ。授業料をどう捻出するかが問題が。子どもたちには「大丈夫、大丈夫だ。勉強だけしていればいい」と言っているのだが、自分の内面は不安で一杯だ。

現役の頃は、かなり強気で、タクシーなどもよく利用したが、今はもっぱらバスを使う。少々疲れていてもバス停でバスの来るのをじっと待つようになった。

喫茶店にも行かなくなった。コーヒーが飲みたくなれば、コンビニなどの淹れたての100円コーヒーを利用する。その100円も惜しいと思うようになってきた。

このところ、アドセンスの毎日の収入金額が気になる。毎日数回どれ位収益金があるか気にしてしまう。毎日200円ぐらいが収益だ。これを見ていると、無駄遣いができなくなる。昨日は1,200円の買い物をしたが、自分がアドセンスで入手する金額の6日分かと思うと、非常な大金を使ったような気がした。

今度は固定電話を取り外そうと思う。毎月いくら払っているのか。昨日は宣伝の電話がかかってきて、邪魔になった。もう固定電話は不要だなとつよく感じた。1000円でも2000円でも節約はしたい。

しかし、家族とたまにする外食は必要だと思う。まったく節約、節約だけの生活ならば、何のために生きているのかが分からなくなる。

自分が中年になるくらいまでは、未来はずっと広がっていた。お金は今はないがいつかは貯まるだろう。老後の心配を始めるのはまだまだ早い。今は手持ちのこのお金を使って楽しむのだ、と考えてぱっと使って楽しんでいた。が、もうシニアになってしまった。驚くほど時間の経つのは早い。

さて、今週のやるべきことは、固定電話の停止をすることだ。どのような手続きをすればいいのか。このブログでも報告したい。

自分の長期的な課題はアルコールをやめることだ。毎日、ビールか焼酎をワンカップ200円程をアルコールにつかっている。それぐらいの楽しみがあってもいいのではと思うのだ。しかし、アドセンスで稼ぐ200円をアルコールで使ってしまうのは、もったいないとも考える。アルコールをやめることで、医療費の軽減にもなるだろうし、いいことづくめのように思える。(自分はもう人と居酒屋に行ったりするという習慣はなくなった。若い頃は週に2,3回は呑んでいた。楽しかった。が、もう金銭的にも体力的にも無理だな。そもそも定年退職してからは、相手がいなくなった)