スポンサーリンク

Image Widget というプラグインを利用することにした。これを利用するとサイドバーやサブコンテンツの部分に画像を提示できる。

まず、ダッシュボードの「プラグイン」を開ける。「新規追加」をクリックする。そこでImage Widgetと検索部分に打ち込んで、現れたらそれをクリックする。「500,000+件の有効化済みインストー」とあるので多くのユーザーがこのプラグインを使っていることがわかる。心配なのは、「お使いのバージョンの WordPress ではテストされていません」とあるが自分のWordPress は最新版なので大丈夫だろうと判断してダウンロードして早速有効化する。有効化に成功する。

プラグインの一覧表を見ると以下のようになっている。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-08-20-32-07

ここでは、「画像ウィジェット」とある。これがImage Widget のことであることが検討つくが、本当は原語そのままであってほしい。翻訳されていると、これが本当にダウンロードしたものか心配になってくる。実は似たようなプラグインがたくさんあるので、同一性の保証の意味からも是非とも名称はそのままにしておいてほしい。

そして、「外観」>「ウィジェット」と開く。「利用出来るウイジェット」の部分に「画像ウィジェット」が追加されているので、それをドラッグ&ペースで、表示させたい位置に運ぶ。

画像を選択するのだが、Size をFull size を選ぶと、賢威を用いた時の話だが、サイドバーに貼り付けると横に圧縮されてしまう。パソコンで見た画面では、サイドバーは狭いので、そこに無理やり突っ込む感じになる。ただ、スマホでみると縦でも横でもきちんとした形で現れる。

それで、今度はSize をmedium にしてみた。するとパソコンで見ると何も問題はない。スマホで見ると、横にして見ると、左側に寄り過ぎている。それで、Align をCenter にしてみる。すると、スマホで横にしてみても、真ん中に画像がきて、スッキリする。

Align の部分はデフォルトではNone とあるが、このままにしておくと、画像が小さい場合はすべて左側によってしまう。

今日は Image Widgetをプラグインした話だ。サイドバーに入れた画像は下の画像であり、お金が貯まりますようにとの私の願いを表したものだ。

photo credit: Japanese Yen via photopin (license)
photo credit: Japanese Yen via photopin (license)