スポンサーリンク

2015-06-27

家族のためにも、退職後も金を稼ぐ方法を何とか考え出さなければならない。これが究極の課題だ。

アフリエイトという方法で金を稼ぐ可能性があるかどうか考えている。(1)まず、自分には英語教員としての経験と知識がある。これらを生かすことはできないか。英語学習者のためのサイトを開設したい。翻訳や通訳の仕事も提供する、それには協力してくれる人を探さなければならない。今年の夏休み中に開設する。

(2)趣味の本を読んでその感想を書くサイトがある。それを読書日記としよう。そこでアマゾンの書籍を購入を薦める広告を貼り付けたい。これは上記の英語のサイトと連動させたい。(3)趣味のAudiobookを聴いたサイトを開設している。これも英語サイトと連動させることができる。

(4)言葉に関するサイトは、ある程度は人が集まっている。巡回ロボットでの検索によるカウントを除いても20~50名ほどの訪問者が毎日いるようだ。これ以上は伸びない。伸び悩みだ。内容を変えることが必要だが二つの道がある。もっと言葉に関する専門的なサイトにするか、一般の人が訪問しやすいサイトにすることか。日記的な部分は次第に減らして言葉に関するサイトにしておき、固定ページで自分の本を宣伝することを主目的としよう。

(5)ドイツ語やフランス語の自分の学習の動機付けを高めるために、これは開設したい。というよりも上記の趣味のサイトから独立させたい。夏休み中を目安にしたい。

(6)このサイトは司令塔のような役割を果たしていきたい。匿名で運営するが、将来は名前の明記もありうる。もちろん、常識の範囲内での記事ばかりなので、顔出しをしたとしても問題ない。顔出しの場合は、自分の反省日記という性格をやや弱めて公表を意識したものになるだろう。

photo credit: world's money dashboard via photopin (license)
photo credit: world’s money dashboard via photopin (license)