スポンサーリンク

2015-08-27

自分は今色々なサイトをみていわゆる「情報商材」を購入しようと計画している。しかし、どの商材を購入したらいいのか分からない。サイトを見ても、互いに褒めたたえたり、逆に詐欺教材と貶したりでどれを信頼していいのか分からない。

そもそもアフィリエイトは、そんなに深遠な知識や技能は必要ないと思う。要は広告を自分のサイトに載せて訪問者にその商品を買う気にさせるように上手な宣伝文句を書くことである。マーケティングの深い知識が必要とも思わない。もちろん、苦労してきた人の実践的なノウハウは貴重であるが、それらもすでにたくさんの市販の本の中で紹介されている。

30万ぐらいの講座やコースなどがある。商材が色々なものを取り扱う。それぞれが自分しかない特殊な情報を提供すると唄っている。本当か?情報提供というよりも、個人個人で相談に乗ってその人それぞれが稼ぎやすくするように指導してくれるという点がポイントではないか。その意味では、個人指導が売りなのであろう。

ところで、扱う分野の広さ、株やFXや、にっちな趣味品、出会い系、美容など人間の欲望や嗜好の広さに驚く次第である。

そんな世界の中に入って行くと自分を見失う、かつ金を失いそうだ。でも比較的にそんな大金ではないので、失ってもいいかなとも思う。人々の楽をしてお金を稼ぎたいという欲望にうまく焦点を合わせた情報商材という方法がある。この世界、どこでも同じだろうが、勝者と敗者がある。しかし、敗者でも勝者になれる可能性がある点が面白い。両者とも情報商材幻想に取り憑かれているのだ。

PAK75_hutokorokaramanken_TP_V