スポンサーリンク

2015-08-23

SEOチェキ!(http://seocheki.net)なるサイトがある。これに自分のサイトのURLを打ち込むとリンク状況がわかる。

スクリーンショット 2015-08-23 1.29.27

ここで、発リンク数はどれくらいか、また被リンク数はどれくらいか調べてみる。発リンクはいくつかある。しかし、被リンクはゼロ、つまりどこもこのサイトをリンク先に選んでいない。

スクリーンショット 2015-08-23 1.36.12

スクリーンショット 2015-08-23 1.35.35

それで、今度はキーワード検索をかけてみた。つまり、このサイトがどれくらい知名度があるかということである。このサイトのURLとキーワード二つ「無職」と「透明」で検索する。

スクリーンショット 2015-08-23 1.46.08

するとこのように、GoogleでもYahooでも圏外である。つまり、この検索ワードではこのサイトは出てこことを意味する。そして、気になったので、お見積もり価格とあり、日当たり11,700円とある。この見積もりがどのようなものであるか確認のためにクリックする。

スクリーンショット 2015-08-23 1.49.12

すると、SEO対策を示してくれるという。今回はまだ申し込まないが、このようなサービスがあることを知った。しかし、具体的な対策はどうするのか、SEOチェキが持っている幾つかのサイトにリンク付けをしてくれるのか。また、ディレクトリー登録の箇所も興味ふかい。

スクリーンショット 2015-08-23 1.55.19

登録をすることで、このサイトの知名度が上がるのである。Yahoo カテゴリーをクリックすると、次のような説明がある。

企業、団体、個人事業主が運営するサイトがYahoo!カテゴリに登録できるかを審査し、結果をメールにて返信する有料サービスです。パソコンサイト、スマートフォン対応サイトの2種類のサイトに対応しております。それぞれの審査料金、サービスの詳細をお申し込み前にご確認ください。

ちなみに、登録料は54,000円であるが、「SEOチェキ」経由だと46,800円だそうだ。このSEOチェキとは、会社が自分の製品の売り上げを伸ばすために、そのホームページの作り方(特にSEO対策)の観点からアドバイスをするサービスを提供してくれるようだ。

このようなサービスを提供してくれるサイトがあることを初めて知った。自分のサイトが将来知名度が上がり、さらにもっと知名度を上げたいと思うようになったら、このサービスを利用するのもありかと思う。現状では、このサイトの訪問者は1日あたり一桁なので、利用のしようがないということだ。