スポンサーリンク

2015-08-15

あるサイトの広告で3つのスポンサーに提携の申し込みをしていたら、一つを除いて全然返事がこない話をした。断るにしても、音沙汰なしは問題だろうと思っていたら、一つのスポンサーから断りのメールがきた。

⚪️⚪️ 様

この度は弊社のアフィリエイトプログラム、
⚪️⚪️にお申し込み頂きまして誠にありがとうございます。

検討の結果、貴方様の主サイト及び副サイトは、私どもの希望する内容に合致して
おりませんでしたので、大変残念ながら当アフィリエイトプログラムへの参加承認を
見送らせて頂くこととなりました。

今回の結果はあくまでも弊社のアフィリエイトプログラムとの相性などを考慮した
結果であり、貴方様のサイト内容の優劣等を判断したものではございませんことを、
念のため申し添えておきます。

ご了承くださいますようお願い致します。

株式会社⚪️⚪️アフィリエイト担当者

というような内容のメールであった。自分自身は十分に合致していると思ったが、相手先はそうは思わなかったようだ。これはこれでいいと思う。自分が行うことは、合致していると思ったが、合致してないと相手先が判断したという事実を受け入れることだ。この相違点を分析して、今後の自分の発展に結びつけたい。経験値を積むのだ。

photo credit: Forbidden via photopin (license)