スポンサーリンク

2015-08-05

自分のサイトだが、Google Adsenseのパフォーマンスレポートを見ていて一つの発見があった。それは表示回数が1000回に達すると1円の収益金がつくことだ。どうも収益が上がるには二つの道があるようだ。一つはクリックされること、もう一つは表示されることである。クリックされた方が金額は高いが、それは時々である。自分のこの調子で行くと、一週間で1円の割合で稼いでいることになる。表示回数が現在の頻度ならば、一年で52円の収益か!とため息をつく。

ところで、ブログをいろいろ見ていたら、「アフィリエイト右へならえ」(http://right-affi.com)というサイトを見つけた。この方は、自分が実践してきた方法を正直に報告している。そのなかで面白いと思ったのは、中古のドメインを利用するという点であった。この方は中古ドメイン検索ツール(36,800円)で購入して、中古のドメインを利用したら、すぐに成果が検索結果が上位に来たと述べている。

実は、自分もドメインの購入を考えている。中古ドメインの買い方はよくわからない。それよりは、お名前.comから新しいのを2,3個ほど、それも200円ぐらいのものを購入とも考えている。(しかし、お名前.comでも高いのは、2,000~3,000円ほどする。どんな名前でも同じではないかと思うが、そうではないのか?)とにかく、新しいのを買うべきか、中古を買うべきか迷っているというのが正直なところだ。

ところで、「アフィリエイト右へならへ」の管理人が語っている「稼げなかった半年間でやったこと」という記事で毎月ごとに自分の実践を報告している。そして、Googleの検索ロジック(アルゴリズム)に苦しめられた経緯も正直に報告している。この人の報告を読んでいると、この人の人柄にも共鳴を受けるし、毎月の報告に声援を送りたくなる。自分も将来あやかりたいという気持ちになる。とてもいいサイトを読んだという満足感を得ることができた。

photo credit: Domain Renewal Group Scam via photopin (license)