スポンサーリンク

2015-07-14

今、関心を持っていることはポイントサイトで稼ぐことである。それを調べたい。ポイントサイトに登録することで本当に稼ぐことができるのかどうか、知りたいと思う。ネットで見てみると、いろいろなサイトがある。さらに、それらのサイトがどの程度稼げるかについても情報を提供してくれるサイトがある。

スポンサーたちの狙いは、登録をさせて、登録者の情報を集める。そして、それらのアンケートに答えさせて、新商品が売れそうかどうか、次の商品は何を狙ったらいいのか情報を集める。そして、販売促進のメールを登録者宛に送る。購入するかどうかは別にして、登録者たちに頭の中にはなにがしかの印象は残る。

だいたい、クリックすると2、3円ほど入手できる。頑張っても1日に10円ほどの金額である。金額的には大したことはないが、自分にとっては、非常に勉強になるサイトである。現在はいろいろなところを訪問して情報を収集している状況である。

ここで参考になったのは、「ネットでお金を稼ぐ方法大百科」(http://okanewiki.com)と「ネットで稼ぐ方法をマスター」(http://kanemotilevel.com)である。この人たちは惜しげもなくポイントサイトに関する情報を開示している。他人が利用すれば、自分が相対的に不利になるという風には考えないようだ。より高度な情報を提供することで、この人たちの広告に誘導されて、読者たちはポイントサイトに加入するからであろう。


 

画像だが、アイキャツチ画像を入れている。外国の画像、photopin を用いていたが、credit を入れるのが面倒くさい。記事の前に置くと、新着記事が一覧される場面では文章の邪魔になってしまう。それゆえに、記事の最後に入れることも考えたが、とにかく操作は一つでも省略したい。

結局は日本の無料サイトで credit を入れる必要のないところを利用することになるだろう。この記事もそのようにする。