スポンサーリンク


勤務先の給料は地方銀行の口座に振り込んでもらっていた。しかし、職場にあった地方銀行のATMが撤去されることになり、とても不便になった。それで、楽天銀行を利用しようかなと考えている。息子たちに聞くと長男も次男も給料振り込みは楽天銀行とのことだ。ただ、息子たちからの助言では、スマホでの取扱になれてない人には、普通の銀行への振り込みがよいとのことだ。

自分は楽天銀行の口座は一つある。カードを見てみるといろいろなことが書いてある。しかし、よく見てみても分からない。左上には、矢印があって、「JCBカード/ICキャッシュカード」とある。右上には、JCB DEBITとある。左下にはキャッシュカードとある。どこを使うのか?現在の預金額はゼロである。それで、練習と思って、少額を預けてみようと思った。セブンイレブンに行った。キャッシュカードと書いてある方を入れてみると、戻ってきて、ICキャッシュカードと書いてある矢印に沿って入れるようだ。

そうやって、カードを入れて残高を照合するとゼロとある。それで、まず2000円ほど預け入れた。無事に預け入れはできたのだが、手数料として220円を取られてしまった。今度は下ろしてみたい。それで再度カードを入れ直して、記憶が不確かな暗唱番号を入力した。なんとか1000円を引き落とす。再度手数料が220円が引かれた。私の目的は、暗唱番号を知ることだったので、まあ、それはそれで納得した。ところで、楽天銀行に給料の振り込みはどうするか。

ここで、サイトにアクセスしたら、さっそく私の出入金額が記載されている。よくみると、預け入れたときの手数料220円が返却されている。つまり、コンビニのATMで預け入れたお金はしばらくたつと返金されるようだ。

JCB DEBITの使い方が分からないと言ったが、解説を見ると以下のように書いてあった。

デビットカードは、口座にあるお金の範囲内で都度支払いができます。
JCBデビットカードなら、ご利用100円につき1ポイントの楽天ポイントが貯まり、公共料金や携帯電話料金のお支払など、普段の暮らしの中でも利用可能です。
しかも、楽天グループのお買い物がいつでもポイント2倍なのでポイントがザクザク貯まります!

これならば、利用してみてもいいかなと思っている。セブンイレブンでは、今まではNanacoカードを利用していたが、これはどうすればポイントが還元できるのは分かりづらい。

とにかく、給料振り込みは楽天銀行を利用することにした。