スポンサーリンク


アマゾンから来たメールが大きな騒ぎとなっている。

2019年1月23日以降、PA-APIをご利用いただくために必要な売上条件を変更いたします。売上実績がない場合、お客様はPA-APIへのアクセス権を失います。条件の詳細については下記ヘルプページをご参照ください。https://affiliate.amazon.co.jp/help/topic/t52/.

このメールを受け取ってしばらくは意味が分からなかった。しかし、Twitter などでの情報交換を見てみるとようやく意味が分かってきた。つまり、自分のブログに貼り付けたアマゾンの広告からは収益が上がらなくなるのだ。現状では、アマゾンからの収益は少ない。でも、将来は、自分の収益の柱をアマゾンと楽天にしようと考えていたので、これは大変と対策に本腰を入れはじめた。

自分は主に使っているのは、AmazonJSであった。これは非常に便利なプラグインで商品のタイトルを打ちこむだけで見やすい広告ができあがる。1月23日までに売り上げがあればと願ったが残念ながら売り上げはなかった。そしてAmazonJSによる広告はすべて消えてしまった。ところが、不思議なことに本日(2月19日)に、それらの広告を見てみたら復活している。不思議だと思った。

どうやら、1月27日に18円ほどの売り上げがあったことが理由で復活をしたようだ。たしかに、アマゾンの公式ページには以下のようなQ and Aが載っている。

1/23以降、PA-APIのアクセス権を失いました。どうしたら再びアクセスができるようになりますか?

過去30日内に売上実績がなかったためにPA-APIへのアクセス権を失った場合でも、Amazonアソシエイト・プログラムの他のサービス(アソシエイト・ツールバーなど)は引き続きご利用いただけます。PA-APIへのアクセスは売上実績が発生することで再びご利用いただけるようになります。

どうやら、18円の収益が発生したことで、広告が使えるようになったようだ。これは嬉しいことだ。自分は、最初はアマゾンアソシエイトから商品をリンクして広告を貼っていた。その後はAmazonJSが便利なのでそちらを使うようになった。また、最近は rinker という便利なプラグインを使うことが多くなった。

皮肉なことに、AmazonJSが使えなくなっても、最初の頃に貼り付けた方法、アマゾンアソシエイトから商品をリンクして貼った広告から収益が上がったので、AmazonJSがまた使えるように復活したのだ。

ただ、これはいい経験になった。だが、PA-APIを利用した方法が使えなくなる可能性があるので、今度からは面倒くさくてもアマゾンアソシエイトから商品をリンクした広告を貼り付けていく予定だ。