スポンサーリンク


自分のこのサイト「アフィリエイト日々の歩み」と「アフィリエイト勝利の方程式」は、それぞれ「もしもアフィリエイト」に登録していたが、登録抹消された。その事由は、情報商材紹介記事を掲載してあったからだ。

自分のサイトは情報商材記事について紹介をしている。ただ、それは別にアフィリエイトを貼ってあるわけではない。このような情報商材があるということを紹介してあるだけだ。しかし、それでも問題視された。

「もしもアフィリエイト」には、ガイドラインがあって次の部分が引っかかったのだ。

サイト登録ガイドライン
 悪質な情報商材必ず稼げる関連の情報商材を販売、誘導(メルマガ登録含む)、掲載している効果が見えにくい自己啓発関連の情報商材を高額で販売、誘導(メルマガ登録含む)、掲載している。

自分が紹介した情報商材は、プライド、風花発芽、ルレア、アンリミテッド・アフィリエイト、である。

上記の情報商材は、私自身が実際に使ってみて、学ぶことが多くてよかった商材だ。良心的な情報商材だと思うのだが、「もしもアフィリエイト」では、これらは悪質な情報商材に含まれているようだ。

情報商材の場合は、良質とか悪質とかの判断はできかねる。極めて主観的なものである。初心者には難しいが、中級以上のレベルでは最適であるなどの人によっても違いがある。

それゆえに、情報商材を紹介してあるから、そのサイトは悪質な情報商材を紹介しているとはにわかには言い難い。しかし、反論しても無駄だろうな。ASPがルールを決めるのであり、言う通りにしないとダメであろう。

教訓としては、「もしもアフィリエイト」に関しては、情報商材の紹介があると登録は削除される可能性が強いということだ。情報商材の記事は載せないことだ。