スポンサーリンク

2015-07-12

昨日はadsense の決算を見てみたら、11円ほど収入があると記されていた。これは自分にとっては、はじめての収入であり、記念すべき日である。願わくば、この11円が次第に増えて大きな金額になることを!

小見出しの意義

今日学んだことは小見出しを入れることである。これによって文章にメリハリがつく。急いでいる人はその部分だけを読んでいけばいいのである。情報提供型のサイトにとっては、見やすい小見出しをつけることは不可欠である。

小見出しの作り方

しかし、初心者には小見出しの作り方はすぐには分からない。段落の項目をクリックして、そこで「見出し2」を選択する。そして、色も変えたほうがいいだろうと思い、赤紫色を選ぶ。ただ、多くの卓越した人たちのブログは、小見出しを四角で囲ったり、指差し記号や矢印の記号をつけている。これは真似をしたいが、まだ無理なようだ。

特殊文字の利用

特殊文字を利用すると、文章にメリハリがつく。⇒あるいは♣などの記号が強調したいところなどにあると、有効である。しかし、多用すると目障りである。どの程度で済ますのかは、対象とする読者を想定して決めていくほうがいいだろう。若い人は特殊文字や顔文字を使うのに慣れているが、年寄り諸君は、淡々とした文章がいいだろう。


今日は自分の試行錯誤を記しただけである。これからの自分の課題として、情報提供型のブログにしていくこと。それによって、訪問者数が増えることが期待できるのだ。