スポンサーリンク


『10倍速く書ける 超スピード文章術』(上阪徹、ダイヤモンド社)を読んだ。自分が漠然と理解していたことを、はっきりと明確な言葉で述べている。

この本の作者が前提としているのは、文学的な文章ではなくて、実用的な文章である。実用的な文章をどう書くかである。

実用的な文章では、「求められているのは有益な情報(p.40)」である。例えば、旅行案内書だが、著者の感想が、文学的な美文で飾られた文も確かに面白い。でも、旅行案内の第1の目的はそんな美文を読むことではない。

読者が知りたいのは、観光地へどうやって行ったらいいのか、安い交通手段は何か。有名な美術館や講演はあるのか、休日の混みぐらいはどうか、駐車場はどうか、手頃な値段のホテルがあるかどうかを知りたいのだ。

このような情報が求められているときに、観光地は「よかった」「美しかった」では情報としての価値は少ない。さらには、他の類書の観光案内と差別化ができない。差別化するためにも、是非とも読者が求めている情報は何かを知って、それを答えるようにしなければならない。

事実を淡々と述べるのが、読者にもっとも親切な本の書き方なのだ。

有益な情報を提供することは、それはそれでいいのだが、その書き手だけが知っている情報をプラスする必要がある。つまり、「独自の事実とエピソードと数字を集める。」ことでだ。

「どう書くかではなくて何を書くかに集中する。」(p.62)」ことならば、自分で実際に行って、その地を経験して、その地のエピソードをたくさん仕入れることが大切である。

その場合は、美文である必要はない。中学校の感想文集ならば、それはそれでいい。だが、この本が述べているのは感想文集のことではなくて、実用的な文のことである。

その具体的な在り方として、常にメモを取れと著者は薦める。自分もそのことは気にかけていて、メモ用紙に書いているが、著者はスマホを使ってメモっているようだ。その方が原稿に移しやすいようだ。

貴重な情報に出くわしたら、とにかく、頭の中に覚えておこうとか、あとで家に戻ってから書き留めようとしていては駄目である。その場で書き留める必要がある。「自分の記憶力は絶対に信用してはいけない、単純にひらめきをメモする(p.105)」

著者は、その場合は、メールの下書きにためておくそうだ。そして自分自身に送信したりするという。「素材のストックは「メーラーの下書き」を使う。(p.132)」とのことである。

書き方に関して、「だから、また、さらに、などの順接の接続詞を使わない(p.159)」という点も印象に残った部分であった。自分はよく順接の接続詞を用いるが、これは冗長な感じがするそうだ。なるほど、言われてみればそうかもしれない。自分も気をつけよう。

この本の特徴は、事実を書く文、つまり実用的な文の書き方を教えてくれる。その時に、一番大切なのは、事実の正確さと必要な情報をすべてわかりやすく提供することだ。