スポンサーリンク


ブログ時代は、今までとは異なる書き方が要求されるようになってきた。従来は心に浮かんだことをただそのままに書き記すだけであった。しかし、Google に好まれる書き方はアクセスが多くなる。つまり、お金をもたらす書き方であることが意識されるようになるにつれて、だんだんとSEOを意識した構造的な書き方が好まれるようになってきた。それは次のような書き方である。

タイトルを決める。

タイトルは大切である。タイトルは抽象的なものではなくて、直裁的に内容を表すものが良い。例えば、この記事のタイトルは、「ブログ時代の書き方」である。これは、「人の心に滲み透る文章の書き方」などよりもいいだろう。この記事の二つの大きなキーワード、「ブログ時代」と「書き方」を含んでいるからである。

目次を作る。

目次を作ることで、読者に自分の言いたいことの展望を最初に与える。読者は目次を見て、その記事が読みに値するかどうか決める。あるいは、読みたい項目だけを選んで読むことができる。要は読者は貴重な時間を浪費しないで済むのだ。

見出しをつける。

見出しをつける。自分の抱えている問題意識をいくつかに分解する。その方が訴えるポイントが分かりやすくなる。分けることは整理整頓することである。

見出しだが、さらに細分することができる。例えば、「SEO対策をする」という見出しならば、それは、キーワードの選択、タイトルの決め方、見出しの文字の形、などと細分できる。その場合は、それに合わせて見出し3を立てることができる。

売りたい商品を読者が買うべき理由を列挙することができる。化粧品ならば、安いとか、肌に優しいとか、香りがいいなどの利点を書くことができる。

弱々しい表現をしない。

人によっては、「〜と思われる、〜かもしれない、〜と思う、〜のようだ」のように書く人がいる。これは読者に弱々しい印象を与えるので、避けるべきだ。可能性が少ない時を除いては、そのような表記法は使わない方がよい。

この記事では、「将来の書き言葉」に関する部分は、実は弱々しい言い方をしている。それは将来のことは本当に分からないからである。

まとめを書く。

まとめを書く。それはある時は、記事の目的を記すことである。売りたい商品を読者に買わせる殺し文句を書くのである。あるいは、最後に言いたかったことを再度確認することである。

将来の書き言葉

このようにSEOを意識した書き方が広まると、日常の様々な分野でもその影響が出てくるだろう。学校でのレポートや、会社の報告書、借金の依頼文まで、ブログ時代の典型的な書き方とそっくりになってくると思われる。

また、書き言葉が影響を受けると話し言葉、つまり話からも大なり小なり影響を受けると思われる。