スポンサーリンク

2015-07-07

例のごとく、Simplicity なるテーマをいろいろといじっている。非常に細かく自分で決められるのはありがたい。本来ならば、自分でソースを書き換える必要があったことも、メニューを開いて選択していくことで決まっていく。

気になることが二つほど、一つは対応速度が若干遅くなったように感じる。公式のテーマと比べると、いろいろと詰め込みすぎているのか。詰め込んでいるおかげで自分のような素人でも、かなり細かい作業でできるのでありがたいのだが。

それから、これはGoogle Adsenseの広告が消えてしまう。例えば、自分はAdsense というプラグインで場所を指定している。しかし、クリックして他のページに飛ぶと、それらの広告が消えてしまう。つまり、Simplicity というテーマはAdsense というプラグインとは相性が悪い。

ただ、Simplicity は広告のスペースを最初から空けていてくれている。つまり、そこに入れるようにすればいいのだ。そうすればページが飛んでも、広告が消える心配はないだろう。

Google Adsense の広告は同じ広告をどこでも見つける。Dreamstime, 英語の聞き流しは最悪の処方箋、写真素材<PIXTA>などは見飽きた感じがする。こんな広告が自分のサイトに貼られても、誰もクリックしないだろうと思う。

それから、画像を毎回選択は面倒だと述べたが、これはタグかカテゴリーごとに同じ画像を使いまわしていけばいいのだと気付いた。Photo Credit もキャプションの中に入れておけば、選択するだけでいい。ブログ形式で投稿頻度が多い場合はそうすればいいのだ。

photo credit: New York Transit Museum via photopin (license)
photo credit: New York Transit Museum via photopin (license)