スポンサーリンク

ドメイン3個を安く取得する。

お名前.comでドメインを安く売っていた。.workが一個1円であった。ただし、一度に一個しか取得できないということなので、時間をおいて3個取得した。トータルのコストは3円である。さて、安く取得したと言っても軽く取り扱わないで大事にこのサイト育てて行きたい。

WordPress だと手間がかかる。

まず、WordPress を入れてみた。WordPress の問題点はいくつかの必須のプラグインを入れなければならないことだ。Akismet Anti-Spamというプラグインは必ず入れるべきだ。そのほかにも入れるべきプラグインが10個ほどある。Hello Dolly というプラグインは邪魔なので大半の人は除いているだろう。時間がかかる。

最初に入れるべきプラグインをまとめてあるプラグインはどこかにないか。それを入れるとたちどころに必須のプラグインが導入されてしまうというプラグインだ。個々のプラグイン著作者同士の話し合いが必要なのだろうが、そのようなブラグインを作れば多くの人が用いるだろう。

ただ、ペラサイトを作成するならば、最小限のプラグインで大丈夫だ。現在自分が知るべきことは、最小限というが、どの程度の数のプラグインがその最小限になるのか、それを実感できるように試行錯誤を繰り返すことだ。

テーマはAffinger4を入れる。

私のブログはほとんどが、このブログも含めて賢威を用いている。有名なテーマであるので、ネットサーフィンをすると賢威をもとにしたブログに出会う。自分のブログと同じ構成であるので、何だか恥ずかしくなってしまう。どうしても自分の個性が出てこない。ほとんどの人がこの点で悩んでいると思う。

そんなことで、自分は、Affinger4を使えるようにしたいと考えている。こちらの方が賢威よりも少数派なので自分の個性を出すことができよう。

この新しく購入したドメインには、Affinger4を入れた。そして、先ほどまで、Affinger4 の管理場面でいろいろと画像や入れ替えて慣れるようにしていた。あるいは遊んでいたと言っていいのか。

どのようにすれば個性が出てくるのか。

どのテーマがいいのか。賢威、Affinger4, Simplicity などがある。日本のテーマだとどうしても限定されるので、海外のテーマなどに目を向けてもいいと思う。「外国 有料テーマ」というワードで検索するとかなりの数の有料テーマが紹介されてくる。

これらの海外の有料テーマは値段が安いので驚く。40ドル前後だ。ただ、説明が英語であったりするので、日本人には使いづらいかもしれない。英語の勉強というつもりで購入もいいかもしれないが、ブロガーの多くは、1時間でも惜しいという人ばかりなので、そんな暇はないかもしれない。

海外の無料テーマがいいのではないか。自分が初めてWordPress を使い始めた時は、無料のテーマの中から面白そうなものをいろいろと入れ替えて楽しんでいた。

そのうちの2つを今でも使っているが、ちゃんとそれなりの収益を上げている。日本の有料テーマでないと稼げないということはないと思う。

ドメイン3個で練習をする。

新しく購入したドメイン3個は何か一つのテーマの使い方に慣れるために練習をする。そして、売るべきものが決まったら、それを貼り付けて売れ行きを見てみたい。

A8から一つだけ選んだらいいだろう。そして、その商品に訪問者の注意が向かうようにサイトの構成をする。

1年間で920円以上の売り上げが上がればいい。それは、1円で購入したドメインだが、更新時からは年間920円を支払う必要がある。その更新料以上の収益が上がれば、そのドメインは存在意義があったということになる。