スポンサーリンク

ドメイン .work の購入を決意する。

ドメイン.work の取得費用が一円と安いことを報告した。しかし、それは一個しか取得できないとのことなのであるが、日時をおいて申し込んでみたらと思い、本日もう一個ドメイン.work を購入しようとした。そしたら、無事に購入することができた。格安ドメインである.work に関しては、日時(さらには、時間でも)をおいて申し込みをしたら複数個買えた。

お名前.com で購入してからのサーバーに関連付けるまでのプロセス

自分は最近はドメインを新しく購入していない。そのために、Xserver との関連付けの方法を忘れてしまったのだ。が、なんとか、思い出しながら関連付けることができた。ここに、その方法を記載して、自分の備忘録としたい。

お名前.com へログインする。

お名前.comにログインする。自分のIDとパスワードを入れるのだ(自分は以前にも購入しているので、IDとパスワードを持っている)。すると、ドメイン選択の場面が出てくる。使ってみたい文字を入れて、その文字がまだ使用されていないならば、そのドメインを選択する。すると次のような画面が出てくる。そして、このまま申し込みをするとドメインが購入できる。

選択画面

ただ、その次にサーバーを選ぶようにという画面がポップアップする。思わず、色の強い方の「一緒に申し込む」を押してしまいがちになる。そうすると、お名前コムのサーバーを選んだことになってしまう。他のサーバーを使う予定の人は、今申し込んだサーバーを解約しなければならない。面倒くさいことになる。気をつけよう。

ここを間違って緑色の「一緒に申し込む」をクリックすると、お名前.comのサーバーを申し込んでしまうことになる。再度確認のボタンなど現れないので、他のサーバーを利用する予定の人は、押さないように気をつけること。

それから、ドメインNavi という画面に飛ぶ。自分は、ネームサーバーは他社のネームサーバー(Xserver のネームサーバー)を選んだ。

Xserverに戻り、そしてお名前.comに再度戻る。

次は、Xserver のサーバーパネルに行く。ドメイン設定>ドメイン設置の追加>をクリックする。ドメイン名の空欄に新しいドメインの名前を入れて、ドメイン設定の追加(確認)をクリックする。

次は、ネームサーバーを入れなければならない。お名前.comで、「他のネームサーバーを利用」を選び、ns1.xserver.jp 以下の文字を入れて行く。これはXserver を使う限りは同じネームサーバーを使うのである。

この空欄に赤字のように入れて行く。すると次のようにネームサーバが1から5まで埋まる。(なぜ、1から5までなのかは自分は分からない。)

完成する。

これで、お名前.com側の操作は済んだので、Xserver のサーバーパネルに戻る。

そこの自動インストールをクリックする。そして、プログラムのインストール>WordPress日本語版・インストール設定と進み、必要事項を書き込んで、最後に下の方にあるインストール(確認)をクリックすることで完成する。

すぐには反映されないのだが、3時間ぐらいで反映されて、WordPress が組み込まれている。自分としては、これらの新しく購入したサイトを利用して、いろいろな実験をしてみる予定だ。