スポンサーリンク

⚪️
楽天カードの明細を見ていたら、「エクスポコンテンツリヨウリョウ」と書かれた項目があって、1944円引かれている。えーつ、と思って、過去の明細も見てみたら、毎月1944円が引かれているのだ。自分にとっては大金だ。早速その理由を調べて、不要ならば、解約したい。この記事はその時の経過報告である。

「エクスポコンテンツリヨウリョウ」とは何か?

はて、何なのだ?と考える。毎月2千円近い金額が引かれるのであり、自分にとっては大金である。そこで、グーグル検索をすると、以下のことが分かってきた。

(1)エクスポ会員サービスは、インターネットやアプリを通じて暮らしの快適をサポートするサービスである。それらは、プレミアムセキュリティ、スマート保証ネクスト、モバイル安心サポート、Androidセキュリティなどである。

(2)このサービスは携帯会社で提供するサービスではなくて、別途、エクスポ会員サービスに加入することで受けられるサービスである。

(3)携帯電話の機種変えや新規購入の際に、お店のスタッフから勧められて、よく分からないうちに加入している人が多い。

サービスに入ったことを思い出す。

どうして、こんなサービスに入ったのか。そう言えば、1年ほどまえに(2017年の1月ごろ)、スマホ(iPhone 6) が壊れたので新しく iPhone 7 に変えた覚えがある。そのときに入ったようだ。スマホが壊れたので、携帯ショップに持って行って相談した。その時に、修理も不可能だと携帯ショップの人から言われた。その時に、お店の人からは、「エクスポ会員サービス」に入っていれば無料でスマホの修理ができたのにと言われた。

iPhone 7を購入したのだが、「故障や破損したときに、補償するサービスがある」との説明で入ったようだ(記憶が不確かだが、多分そんなことだろう)。これは、ソフトバンクのオプションサービスかと思っていたら、そうではなくて別会社のサービスなのだ。

ショップで解約しようとする。

ネットで調べると解約の方法は(1)ショップに行って解約する。(2)電話解約をする。の2種類だとあった。

面と向かって交渉して解約する方が確実だと思って近くの携帯ショップに行く。係りの女性に「エクスポコンテンツ」を解約したいと申し出ると、係りの女性は「えーつ?」という顔をした。そんなサービスの存在を知らないようだ。でも、その係りの女性は、一応は私のスマホの中身を調べてみて、「弊社のサービスとは関係ないようです」と言う。

エクスポ会員サービスに加入することは携帯ショップでできて(そのときは、強く勧めてくれるくらい熱心なのに)、解約することは携帯ショップでできない(係りの人は、多分新人だろう、そのサービスの存在自体を知らない)。変な話だ。

電話で解約する。

とりあえず、ショップでの解約は諦めて、自宅に戻り、電話解約を試みた。ネットで見つけた電話番号にかける。するとすぐに男性の声がした。解約したい旨を述べるとすぐに対応を始めてくれた。(1)自分の電話番号を伝える。(2)名前を伝える。(3)生年月日を伝える。この3つのプロセスで解約が終了した。簡単に終わった。なお、2ヶ月遅れで請求書の発行をしているので、3月までは請求は続くそうだ。

なお、自分が分かったことは、自分は三回線分の契約、つまり家族のスマホを含めて3台分の補償に入っていたので、1944円という比較的大きな金額の支払いになっていたのだ。その当時は、「月に2,000円ぐらいか、まあ払えない金額ではないな」ということで契約をしたのだが、これは浅はかであった。

教訓

教訓としては、新規契約とか継続契約のときの係りの人の勧めるサービスは全て断ることだ。金額は少ないからいいかなと思って色々なサービスに入ってしまうと積もり積もって大金となる。係りの人は自分の業績になるから勧めてくるのだが、きっぱりと断るべきだ。

これ以降は、とにかく固定的にコストが発生するものは極力避けるようにしている。使いたいサービスがあっても、割高だが、単品で購入するようにしている。その方が長い目で見て割安なのだ。