スポンサーリンク

〇(2017年4月5日)
Lenovoを今まで使っていたが、自分はそれ以外にもiPadを使っていた。タブレッドは二つも必要ないので、Lenovoを解約しようとした。

なぜ私はこのLenovoを使うようになった理由は次のとおりである。その頃に使っていたiPhoneをコンクリートの上に落として壊れたので、仕方なしに新しいものを買おうとした。その時に、ソフトのスタッフから、Lenovoの使用も勧められたのである。機種代金は3年間払いである。契約は2年である。毎月の1,058円の追加料金で二年間はつかえるし、その後も1,058円の支払いでさらにもう一年は使えるというスタッフの話だった。

スタッフの勧めに従って二つのタブレッドを使っていた。しかし、二つの使用も必要ないと考えるようになった。iPadを使っているので、それだけで十分である。iPadは家のWi-Fiを使うので無料である。それで十分だ。Lenovoは安いとは言え、とにかく使用料金が発生する。

契約ショップのスタッフに解約を申し出て計算してもらったら、現時点で解約すると、解約料が1万円ほど、そして機種代金の残高があるので、合計5万円ほど私は支払うことになるという。ちょっと高いかなと私は困ってしまった。

スタッフが勧めてくれるのは、機種が払い終わるまで待って解約すると、つまり、1年半ほど待つことだ。2018年の11月1日から12月31日までに解約すると解約料は必要なくなると言う。

今の自分には5万円を払う力はないので、とにかくそれまで待つことにした。あと二年か、忘れそうだなと思う。Lenovoの裏に日付を書いた紙を貼っておくことにした。

教訓としては、携帯ショップで勧めてくれるものを、何でもOKと言うと、一見すると少しの金額なので、得をしたように感じるが、長い目で見ると、それが積み重なり、またいくつも複数のものが重なると大きな金額になるのだ。断る勇気を持つことが大切だ。

あと、これは次の自分の課題だが、現在のスマホを格安スマホに変えたい。何か巧い方法はないものか。携帯ショップの人は、言葉巧みに現在のスマホを継続するように言うだろうが、こちらは相手の上を行く知識を付けて、スマホの乗り換えを行いたい。


(追記 2018年11月1日)

今日はsoftbank に行ってLenovo の解約をした。この日から私はLenovoを使えなくなる。Lenovoは屋外においても、これまで3Gを使えて、メールの受発信も可能であった。しかし、これからは不可能になった。ただし、wi-fi が使える所では、インターネットの閲覧は可これまでと同様に能である。

スタッフに計算してもらったら、毎月の支払いは1,058円であったが、それは12月26日まで続く。解約料などを払うことなく解約となった。しかし、Lenovo の機種代金の支払いは続く。つまり、毎月に980円の支払いを来年(2019年)の11月26日まで行うのだ。機種代金の残高はまだ1年以上も残っていたのだ。

この時に、スタッフにもしも私が現有のiPhone 7S からiPhone XSに機種変更したら、どれくらいの支払いになるか尋ねた(64Gで)。スタッフはしばらく計算していたが、4年分割払いで、毎月の支払いが11,468円になると言う。現在は、8,000円ほど支払っているので、2,000~3,000円ほどのアップになる。ついでに最高級の512GBへと乗り換えたとしたらどうなるか聞いたら、毎月の支払いは12,368円だそうだ。

人によってはスマホが生活の中心になっている。そんな人は毎月1万2千円ほど払えばいいのだ。今の自分の財政事情では、8,000円の支払いでもアップアップしている状態だ。とうていiPone XSへの格上げは無理だ。

ところで、総務省が携帯3社に対して通信費の大幅な引き下げを要求したそうである。もしも、これ事実ならば、是非とも引き下げてもらいたい。 私と家内の通信費は毎月2万3千円ほどである。これは是非とも減らしたい。


(追記11月12日)

このレノボだが、来月の使用料の速報を見ると、11月12日時点で3,500円の通信料が発生している。当初は、この12日間だが、家のwi-fi 経由でレノボを使っていたが、このwi-fiを使っていたので通信料が発生したと考えていた。しかし、納得が行かないので、ソフトバンクの店に行って事情を聞く。

すると、係りの人の説明によれば、11月1日に解約したので、11月分の料金3,500円が発生しているとの話だ。それまでは、包括契約を結んでいたので、通信料は値引きされていた。契約の解約に伴い、値引き分はなくなり、通信料が発生するようになった。解約が11月1日なので、とにかく11月に食い込んだので、11月分は請求するとのことだ。だが、12月以降の分は発生しないようだ。

11月1日に解約しても、その月の分は発生するなんて、あんまりすっきりしないのだが、来月以降はこの忌々しい3500円は請求されない。そのことが分かっただけでも良かった。