スポンサーリンク

物販に力を入れようか。

今月は何とかアドセンスが5千円を超えそうだ。これが5万円を超えそうだというのならば、ちょっと自慢できるのだが。まあ、正直言って、ペースはゆっくりしている。でも、毎月少しずつ伸びていることは確かだ。

それで、そろそろ物販に力を入れようと考えている。A8でいくつか面白そうな広告を見つけた。4つほど広告を貼りたいと調べてみた。一つは即時提携、他の三つは審査ありである。即時提携の広告は自分のサイトにすぐに貼り付けた。

提携の申し込みをする。

審査ありの三つの広告先に提携の申し込みをする。すると、そのうちの二つは即座に「提携中」となった。どうも、「審査あり」というが実際は「即時提携」のようである。「審査あり」として単に興味本位で広告を貼ろうとしている人を排除しようとしているようだ。

残りの一つも二日ほどしたら、「提携中」の表示になった。下の画像で述べると、「提携状態」の部分が「未提携」から「提携中」になったのだ。

賢威6では、サイドバーとサブコンテンツは織り込まれてしまう。

広告を貼り付けようと考えているサイトは賢威6で作成したのである。広告はサイドバーとサブコンテンツに表示される。この場合の問題点は、スマホで見ると、サイドバーとサブコンテンツの部分は折りたたまれていて、わざわざクリックして広げないと広告は見ることはできない。

賢威7ではサイドバーの部分は畳まれないので、広告はサイドバーに貼り付けておけば、スマホでもすぐに目に付く。しかし、そのサイトは賢威6で作っているので、その他に選択肢はない。サイドバーとサブコンテンツに貼り付ける。

一番効果的な広告の貼り方は、記事の前と、記事の直後だ。そこに広告を入れたいのだ。毎回、記事ごとに広告を貼り付けるのは面倒だ。すべての記事の後ろに、統一的に広告が付くようにしたい。

しかし、それも不自然かもしれない。サイドバーには一般的な広告を貼り付けるとしても、日々投稿する記事の直後は、その記事の内容に相応しい広告がいいだろう。アマゾンの書籍の広告を貼り付けるときもそうである。ある本の感想を述べたならば、その記事に相応しい本の広告を貼り付けるのは当然と言えば当然だ。

とにかく、いろいろ考えたすえに、とにかくそのサイトは賢威6で作成してあるので、サイドバーに二つ、サブコンテンツの箇所に二つ貼り付けた。合計4つほど、似たような広告を貼り付けたのだが、複数ある方が読者が選択できて、いいのではと考えたのだ。スマホ対策は今後の課題だ。

似たような広告を4つ貼り付けるときは、順位を付けたり、比較欄をつけるといいそうだ。まだ、広告の内容を自分も知らないので、今、比較欄を作成したら、それは嘘になる。広告の内容をきちんと調べて比較欄を作成したら、訪問者はもっと関心を持ってもらえるかもしれないと思った。

今度から、A8のサイトだが、隅々まで読んでみることにする。自分は物販に正式に乗り出そうとするわけだから、アフィリ業者のサイトをもっともっと知ることは必要だ。

ファンブログをもらう。

なお、A8に参加したときに、ブログを一つもらった。そのブログは一つだけかと思っていたら、複数ブログがもらえることを昨日知った。一つ新しく作成して、そこに広告を貼り付けた。

A8のブログ(ファンブログ)は訪問者は少ないのでとと思ったが、とにかく広告を貼り付けて、今度から時々は記事を投稿しようと考えている。どの様になるかは分からないが、なんでもやってみることは必要だろう。